2017/02/25

WF2017冬終了!

あっという間の年越しからの2月でした。。
GSプロジェクトとWSSCブースに起こし頂いた皆様ありがとうございました。
1.jpg
今回は新作二本という久々のヤバいスケジュールでしたが、最後若干慌てながらも
大体予定通りこなせたかなと思ってます。振り返ってみると水着マックスの艤装と
クロムクロの胸部にデジタルパーツを導入できたことが圧倒的時短になってます。
まあ、それがなかったらそもそもやってないという話なんですが、やっぱり終わって
みると個人でやれることが圧倒的に増えてきたな。
そう感じたワンフェスでした。
水着マックスに関してはフミカネ氏のイラストを再現する方向で絵の嘘を
いろいろと手直ししながらそれらしく立体化できたと思っています。
あとは完成見本を作る腕と公開するタイミングがいつも
遅くなるので不利被っている点が反省点ですね。それとサフ段階でも
可愛らしさが出せるようになるのが今後のテーマです。

2.jpg

クロムクロに関しては生産する時間が取れなかった点と生産品の
クオリティが保てる自身がなかったので販売の方は前日に諦めました。
そもそも申請数が一桁ではあったんですが^^;
ただ、こういった大型モデルは新鮮でした!
そして完成品になると見応えがあったので満足!
量産に向けてオミットした部分もあるので完全版は今年の静岡ホビーショーの
富山ねんど会ブースにて展示する予定です。
もし見に行かれる方が居られましたらついでにどうぞ。

DSC_4836.jpg

最後にWSSCについて。
今回は初めての試みだったのでサイトが公開されたときの反応がとても面白かったですねw
こういう活動してる人は大体他人に認められたい的な欲求があると思ってるんですが
あくまでも受け身前提な人が多すぎると思うんですよね。
今回積極的に行動することで僕らが得たものは結構大きかったと思います。
(海外メディアの取材とかあさの氏との交流など)

20代前半でプロになれる、きっかけをつかめたのならともかく、そういうアクションが
ない人はあっという間に5年、10年と経ってしまいます。
星の王子様を待つには年2回というのは結構残酷です。
そういう方でも十分機会があれば活躍できるポテンシャルがある方は意外と
少なくありません。そういう人に目を向けて貰える機会に今後WSSCが機能していけば
今後も存在意義があると思います。
(そうならなかったら回数重ねるごとに空気となる危険性も。。)
と書いていて思ったんですが、あまり30代オーバーだとダメなのかな?
自薦できる10代、20代の原型師さんが居たら是非ラブ・ア・サノマサヒコスキーまで!(笑)
http://www.wondersashowcase.com/
2016/11/01

WEC富士観戦!

例年この時期はF1に観戦しに行ってるんですが、今年はポルシェチームの
某スポンサーさんから招待を頂いたので初WEC観戦に行ってきました!
DSC_3397.jpg
朝5時半に西ゲート到着。気温3度だと・・・。

実は富士スピードウエイは2回目。初回は2008年のF1でした。
前年がある意味伝説だったので拍子抜けの晴れ開催だったのを覚えてます。
今回も期間通して快晴だったので雨のFSWを知らないのです。。
DSC07302.jpg
秋の富士山もまた綺麗ですね。特に朝日の時間帯は赤く染まるので翌日も
早起きして眺めてました。

ん?早起き?そうなんですよ。
今回はサーキットにテントを持ち込んでキャンプしてきました!
DSC_3423.jpg
FSWはこういったレース期間は終日オープンしてるらしく、キャンプも
サーキット内ならどこでも基本的にOKとのこと。慣れてる方々は
最終セクションの外側を陣取ってましたね~。僕はよくわからないので
パドック側の駐車場に車を停めて、その近くの観戦エリアにテントを張りました。
位置的には最終セクションの内側になるのかな?後ろを振り向けば
ホームストレート沿いなので個人的には最高!
DSC_3426.jpg
写真撮るにも良かったですね~。金網に邪魔されない撮影スポットが
沢山あるのはFSWの良い所ですね。

とまあ、日中は20度近くまで気温が上がって夏のような過ごし方してたんですが、
夜になると一変。3度くらいまで気温が下がるので結構性能の良いシュラフを
持ってきていたんですが、ギリギリ過ごせた感じでした。
もう少し地面からの冷えを抑える対策が必要ですね。エアマットだけでは
ちょっと役不足でした。。。あーこれは雨降ったら無いな。絶対無理(笑)

DSC_3511.jpg
今回はルマンスピリットクラブにてご飯を食べてました。
もうちょっと軽食チックじゃなければ腹持ちも良いんですが贅沢な話ですね^^;
DSC07086.jpg
後にも似たような話書きますが、やたら人が多いのと場所取りがあからさまなので
座りたい席が終日空かなかったのはなんだかな。。
DSC07138.jpg
イベント広場で一番嬉しかったのはTS050の実車に体験試乗出来たことでした!
モックアップではなくて、実際のレーシングカーに座るのは初めて。
バッテリーと相席なのが事故ったら結構危なそうな(笑)
中は割と空間があるので自由度はそれなりにありましたね。
実際に乗っていい場所や壊れやすい場所があったり、意図して
作ってある現物らしさを体感出来るのはとても良い経験でした。

WEC富士に初参加して残念だったこと

①パドックエリアに人多すぎ&サイン攻めの嵐
パドックエリアへのチケットが安いのでピットとホスピタリティビルの間にかなり
の人が居て移動するドライバーが常にサイン攻めにあっていた光景が。。
日本人を含めたLMP1ドライバーはかなり迷惑そうだったのであそこまで
してサインが欲しいものかなと。しかも人気は元F1ドライバーばかり。
日本人ファンは熱狂的と言われますが、実際のところミーハーなだけであって
ドライバー全員をリスペクトしてる人は少ないと思います。
ウェバーがそこに居たとして、アロンソが出てきたら殆どがそっち行きますよね。
つまりはそういうことです。

②ピットレーンウオークの時間がオートグラブセッションと被ってる
DSC07317_20170310005445676.jpg
僕はWECの車両が見たいのでピットレーンウオークの時間の度に
サインセッションを行うのはホントに止めてほしい。
これはWECの運営が悪いんですが、サインが欲しい人が速攻で
列形成するので全然見れない。時間も完全に被ってるので人が空くのを
待つこともできない。これはかなりガックリきましたね~。
しかもLMP2以下のチームは閑古鳥なわけでドライバーも可哀そうだし、
時間内に欲しいサインが全部手に入るわけでもないし、1イベント1回くらいで
いいと思うんですよ。。

③グリッドウオークも人多すぎ!
DSC07376.jpg
どんだけパス配ってるねん!っていうくらいのグリッドウオーク参加者。
時間も短いし、やたら人も多いのでじっくり見れず。これもかなりガッカリしました。

DSC07458.jpg

DSC07443.jpg
↑グリッドウオークの終わり際。これくらいの入場数に規制して。。

同じ世界選手権でもF1とWECでは関係者エリアへの考え方がかなり違うことを
今回知りました。でもWECのやり方だとプレミア感が全くなくてスポンサーツール
として勿体ないと思うんです。
ドライバーと一般のファンは気軽に交流すべきではないと僕は考えます。滅多に
会えない環境であればWEC内のGTドライバーでもファンからリスペクトされるんです。
(F1の下位チームドライバーやエンジニア等が良い例)
パドックエリアも一般では入れないところだからこそ、入った際の感動があるわけで
一生入れないとしても僕はF1の考え方の方が断然好みですね。

決勝レース

DSC07055.jpg

DSC_3545.jpg

DSC07592.jpg

DSC07931.jpg

DSC08080.jpg

DSC08027.jpg

DSC08029.jpg
レースはまさかのトヨタ逆転勝利!
ピット回数を減らすことで逆転できるとは思いませんでした。
ルマンの悔しさを少しは晴らせたのではないかと(^^
実は2回前のピットで勝負決したと思って屋上のテラスで写真
撮ってたのでギリギリまでこうなっていることを知りませんでした(笑)

DSC_3575_20170311203932961.jpg
決勝後のパドックは大盛り上がりでしたね~!
レース前は機嫌があまり良くなかった小林可夢偉選手この時ばかりはこの笑顔!
お願いしたら快く2ショット写真を撮らせて貰えたので嬉しかったですw

色々思うところもあるWECですが、次来る時はテント設置して友人とBBQしながら
ビール飲むルマンスタイルで観戦したいですね!
2016/09/05

飛鳥Ⅱクルージング

8月末に飛鳥Ⅱで3泊4日のクルーズに行ってきました!
クルーズ船というと地中海クルーズ7泊8日とかが成田発着20万くらいで
お得だな~なんていつもはパンフレットを眺めてはい終わりだったんですが、
仕事の関係で乗ることに。
なので乗船が決まった半年前から指折り数えて待っておりました。

DSC_2710.jpg
飛鳥Ⅱ!!
伏木港に接舷した飛鳥Ⅱやっぱデカいです。
乗船証を入口の読み取り機に通し、海外旅行になるので出国審査がありました。
DSC05574.jpg
今回僕が宿泊したのは一番リーズナブルなKステートでした。
他の部屋とは窓の景色以外に大きな違いはありません。
DSC05993.jpg
出港パーティーは演奏を聴きながらシャンパンを楽しめますw
離岸時は曇っていましたが、沖合に出るにしたがって天気も良くなってきました^^
DSC05599.jpg

船上での生活とはどんな感じ?

DSC_2747.jpg
①ひたすら海、海、海
360度見渡しても青い海。クルーズ船に乗らないと経験できない非日常。
特に穏やかな日差しを受けつつの甲板上のウオーキングはとても気持ち良かった。
DSC06295.jpg
特にこの海の色が青く澄んで見えたのは最高でしたね。
他の乗客はインドアな人が多かったですが、自分は割と外に出て
ベンチでボーっとしておりました^^;
DSC06320.jpg
全速前進ヨーソロー!
飛鳥Ⅱの船首に近い所にも行くことが出来ます。
乗客数の割には人と遭遇しないので気を使わないのも個人的には◎
DSC06297.jpg
後ろのデッキでスクリューの軌跡を眺めるのも見てて飽きません。
飛鳥Ⅱのデザインと相まって綺麗な一枚が撮れました(^^
下の階ではゴルフや輪投げなどのスポーツ大会も行われていました。

②ネットが繋がらない(汗)
現代っ子な僕としてはスマホでネットできないのは結構ストレス(笑
日本近海だとまだスマホの電波が届くんですが、外海だと海外の定額サービスも
拾えなくなって途端にやることが無くなります。困った困った。
素直に船内のイベント(小物制作会やゲーム大会、映画、ショー等)に参加する
のが飛鳥Ⅱ生活を楽しむ王道でしょう。
僕は甲板歩いたり、部屋でゴロゴロしながらCS放送を見てましたw

③朝日や夕日がめっちゃ見たくなる。
DSC05815.jpg
個人差がありますが、何故か期間中だけ朝早起きになりました。
寝る時間も結構早いというのもあるのですが、朝5時起きがデフォに。
日の出のトワイライトタイムは特に洋上が綺麗でしたね。
DSC06221.jpg

DSC_2981.jpg
日の出が3日間とも見れたのに対して日の入りが見れたのは最終日だけでした。
こちらも太陽が吸い込まれていく様はとても綺麗でした。
DSC_2991.jpg
屋上のプール。夏場は出店もある夏祭り会場にもなります。
今回は天候が悪くて中止に残念。。

④揺れる時は揺れる(酔
↑こんないい天候で乗ったなんていいなーと思った貴方!
実は台風が割と近くに来てたのでメッチャ揺れました(涙)
凄く揺れるとね・・・・階段の昇り降りで重力を感じるくらい。
3日目の夜に奮発して11階の海彦に寿司食いに行ったんですが、
酷い揺れで酔って早々に撤退。
4日間のうち気持ちよく過ごせたのは2日間だけでしたね~。

船酔いは陸に下りれば治りますが、洋上ではそうもいかず。
極力台風シーズンは避けたいなと思いました。

飛鳥Ⅱの船内

DSC05911.jpg
DSC_2960.jpg
DSC05912.jpg
DSC05927.jpg
DSC05952.jpg
DSC05929.jpg
DSC_3002.jpg
DSC_3014.jpg
DSC06152.jpg
DSC06233.jpg
基本的にコーヒーや軽食程度なら全て旅行代金に含まれているので食べ放題です。
中央のエントランスは綺麗なステンドグラス、ソファに座ってピアノの演奏を聴いたり。
図書室やマージャンルーム、カジノ、バー、カフェ、劇場などが船内の至るところに
点在しており、楽しむことが出来ます。
色々ありすぎて3泊4日も乗ってましたが、全てを堪能するのは無理でした^^;

飛鳥Ⅱの食事

DSC05907.jpg
夕食のディナーはフォーシーズン・ダイニングルームで2部制に分かれています。
DSC_2935.jpg
DSC05666.jpg
ガチな日はドレスコードも決まってます。この日はスーツでしたね。
DSC05682.jpg
1回の夕食に300人以上入るんですが、コース料理が遅れもなく、しかも暖かい
状態で出てくることにビックリです。サーブしてくれるスタッフの人も余裕があって
さすが飛鳥Ⅱだと感動しました。
DSC_2944.jpg
とある日の朝食。米が恋しくなりましたw
DSC_2780.jpg
とある日の朝食。この日は洋食をチョイス。
DSC_2948.jpg
ついでに飛鳥Ⅱ名物のオムレツを食べてみました。注文してから作ってくれるので
中は熱々のトロトロで美味しかった。
DSC_2800_20170312002408f4f.jpg
こちらは軽食のハンバーガー。こちらも名物ですね。
あとは個人的におススメなのが高知アイス。久々にアイスでハマりました。

これだけ食べると超太りますw
なのでジム通いを頻繁にしてお腹空かせてました^^;

釜山入港&観光

DSC05689.jpg
ふと目が覚めて窓を見ると、飛鳥Ⅱが釜山に入港するところで
その光景が予想以上にカッコ良かったので朝5時から写真撮影してました。
DSC05720.jpg
DSC05888.jpg
釜山自体はこれと言って面白い場所もなく、美味しそうな食べ物もなく、
地下鉄に乗って周辺を歩き回った以外は特に何もなし!
両替した30000ウォンのうち13000ウォン余ったぜ!w
福岡にでも寄ってくれた方が良かったな~というのが皆の本音でした^^;

飛鳥Ⅱって乗ってみてどうだった?

DSC_2972_201703120042599e9.jpg
船に揺られて目的地まで行けるというのは移動疲れが全くなく、場所によっては
移動費と宿泊費、食費でクルーズ船の方が安く済む場合もあるので今後は
値段も下がってくると普通の旅行として定着していく気がしました。
特に高齢の方にはおススメ。90歳のお婆さんが飛鳥Ⅱで世界一周に乗船
しているそうなのでw
サービスも素晴らしいので何かの節目にまた乗ってみたいと思います。

2016/07/30

WF2016S終了!

ワンフェス2016夏お疲れさまでした!
そしてGSプロジェクトの卓へ来てくださった全ての参加者の皆様ありがとうございました。
DSC_2250.jpg

今回のワンフェスも前日夜に泣きながら追い込むことなく準備完了出来、その達成感から
またもややかんでビールを注ぐ暴挙に出ました。
DSC_2246.jpg
前日夜にやかんでビールを注ぎ、「ワンフェスお疲れさまでしたー!」の掛け声は
GSの伝統です。「早いよ!」と方々よりお叱りを受けましたが、何事も段取り八部と
言いますし、事前準備にこそイベントの本質があるという意味から執り行っております。

さて、嘘は置いといて今回の新作は島風(休息ver)でした。
DSC05292.jpg
艦これのディフォルメも4作目。どこまで作れるかと思いながらですがどうしても
作っておきたかった一作でした。しずまさんの版権イラストの雰囲気を出したいのと
連装砲ちゃんを生かしたストーリー構成を出来ないかと色々と考えてみました。
しかし毎回のことながら原型の上がりが遅くなるのが悩みです。今の生活環境だと
土日の納品が無理だと平日にリカバーするのが難しくなってしまうので。。
特に最近は仕事関係で休日出勤もあるので悩みは減りません。うーむ。

会場では色んな方から可愛いと言ってもらえたので大満足ですw
僕は作品上がりが遅いのでなかなか事前告知も出来ませんが、会場で足を止めて
買ってくださる方が多い点は制作上の大きなモチベージョンとなっています。
(事前チェックして買いに来てくださる方はもっと嬉しいです!)

売上の話になりますがこの価格帯(5000円~7000円)のガレージキットには大きな魅力を
感じています。元が原価率70~90%とか意味の分からないメカディーラーだったというのも
ありますが(笑)高額商品かつ、完売必須の採算というのは継続性に難がありました。
今はその辺りがぐっと楽になり、業者抜きと諸費用を差っ引くと一応の黒字になるので
イベント参加を気軽にできるようになりました。
ニンキガー、サイサンガーと考えるとやれないネタをやれるようになったのは大きい。
そしてたまには爆死してもいいかなと思うようになってきますw
次はそんな作品で臨みたいと思います。(艦これも時間があればねじ込みたいです)

IMG_2016-07-2.png

(うちの卓にもポケモンが。それにしても千葉はポケストップが多くていいなあ。。。
あ、最近昇進された方が映ってた。おめでとうございます!今度寿司奢ってくださいw)