2005/10/23

離型材の話~廃棄寸前のシリコン型復活法?~

ちょっと前にこんな記事書いたんですが、時と場合によっては
シリコーン系も案外使えそうなんですよ、これが。

複製を繰り返すと型の表面がパサついてきて段々レジンパーツとの密着度が
高くなっちゃって、型からパーツを外すときに「あ、シリコン千切れた・・・」
みたいなことになるわけです。

だけど、よく観察してるとシリコンの”千切れ”自体は下の写真のように
シリコンの面からではなく、角からおきてるんですよね。

IMG_3696.jpg


赤いラインのところが型の角の部分。この角の部分が一番シリコン自身の油分
を最も早く失うところで、離型がしにくくなり、一番に千切れるポイントです。

イコール、型劣化を食い止めるにはこのポイントをなんとか補うことが重要で
通常のフッ素系離型材ではあまり効果が得られませんでした。じゃあ
どうすんの?ってことなんだけど、油分を直接補填するのが一番なので
ここでシリコーン系離型材を使用します。多少大目に吹き付けて溜まった部分
を綿棒やティッシュで取り除いて角の部分に残るように成型品に影響が
出ないように行うと、今まで取り出し難かった型がスムーズに抜けるように。
フッ素系だと1回しか持たないところを5~6回はできるようになります。

結局、一番いいのは新しい型をもう一個作ることなんですが、ディテール
が全然潰れてないのになんかこれ以上続けるとヤバイことになりそう・・
ってときに使える裏技?ってことで(笑)
2005/10/23

ポリパテブロック用ブロック

以前からスクラッチする前にはそのスケールにあった大きさのポリパテ
ブロックを作るんですが、その際に作るプラ板の囲い。これが意外と
寿命が短くて、ポリパテの硬化熱に負けて溶けちゃうんですよね。毎回
プラ板切り出すのも勿体無いので身近にある物で何か連続使用できるモノが
できないかなーと思っていると今では使用しなくなったダイヤブロックを発見(※)。

で、ブロックを希望の大きさに組んでガムテープでヒト巻きしてみた。

IMG_3683.jpg


こんな感じ。内側の面と上面をガムテープで巻けば硬化後剥がせます。

IMG_3684.jpg


ポリパテを詰めに詰めてプラ板でフタ。アルミの塊を重しにして乗せてます。

IMG_3685.jpg


硬化後取ってみた。今回はモノが大きかったのとポリパテの溶剤が大分
抜けてて高粘度だったため所々隙間があるけど気にしないー(笑

こんな感じで何度も使用できそう。いろんな大きさを作っておけば毎回
プラ板のサイズ計って切り出す手間が省けそうです。


補足※ 初めて複製したときはダイヤブロックを使って型枠作っていたん
ですが、回数を重ねると組み合わせ部の保持力がすぐに低下するので
組み合わせるのが困難に。使うならクレオスの型枠が個人的にオススメです。
2005/10/21

次の新作&イベントは・・・

皆さんこんばんわ~。

GXもなんとかアップできてようやく本腰入れて冬WFに向けて製作
開始です。ということで今後も含めたイベント参加の話を・・

とりあえずわかっている参加イベントは・・。
①12月のWHF有明
②2月のWF2006冬
になります。多分これ終えたら夏までイベント参加は無理ですねー。

細かいことは追々また告知しますがWHF有明は知り合いのディーラーさん
と共同での参加です。販売物は量産ヒュッケ
WF2006冬には新作一点と量産型ヒュッケで今申請しています。ヒュッケ
はこれでラスト。

肝心の新作ですが先日発売されたスパロボJに登場する主人公機、ベルゼ
ルートをSDスケールで立体化します。ゲーム中の動画に惚れたのが動機(笑)
スパロボのSDモデルってあまり見かけないのでSD体型でキッチリ作ったら
面白いものになるんじゃないかなと。

てことで11月7日(監修締め切り)に間に合うように頑張れ俺!


>KOBA.さん
お久しぶりです!満足にご連絡ができなくてすみません(汗)
スタイリングにはちょっと時間かけて調整したので自信が
あります(笑)ホントいつもKOBA.さんには励まして頂けている
ので励みになってます。クラウダも頑張ります!

>Ashさん
いつもありがとうございます~。なんか勿体ない位に誉めて頂けて
嬉しいです(笑)結構キッチリ作ると作った本人でもパーツの多さに
ウンザリ気味だったのでじっくり作ってみてくださいー。
武者ガンダムの方も拝見しました。MIAで武者って(笑)
武者パーツ部分もSDからの流用ではなくてスクラッチなんですね。
パーツの精度もしっかり出てて演出考えた作り方ができるのはセンス
あるなあって思いました。

GXリベンジの件了解です。できるだけ再現できるよう頑張りますー。
2005/10/11

石垣版ガンダムX塗装見本完成!

長らくお待たせしました~。
GXの塗装見本がようやくですが完成です。HPの方にもアップしてますが
ここに載せてこその完結なので(笑)
■正面
IMG_3632.jpg


■後ろ姿

IMG_3642.jpg


■本体アップ

IMG_3656.jpg


ということでとりあえず今年におけるGXの製作は終了!今回やりきったことも
多ければ、やれなかったことも同じくらいあるのであと数年したらもう一度
チャレンジしたいですね。正直シンプルに見えて難しい題材でした(笑)
会場で購入してくださった方は写真を参考に是非作ってみてくださいね。

-------------------------------------
■GXのHOWTOに関して
最近よく膝周りの可動などの工作に対する質問を受けます。
ここらへんもブログでフォローしていかないとなーと思ってはいます
ので今しばらくお待ちいただければと思います。
実は型が壊滅状態なのでパーツ交換用にいくつか残してる疎らなパーツ達
しかなかったりします(汗)

キットもう一個あったらジャミル機とか作ってみたいんですけどねー。