2013/02/21

1/8 宮本来夏

P1090560ss_20130320013250.jpg

今回のWFで販売した宮本来夏です。元々は同じディーラーのキョン君が
TARITARIの和奏と紗羽を制作するという話からどうせなら来夏を加えた
三人娘を揃えようという流れから制作が決定。

DSC01720 (1)
(完成見本はさとちーさんに作って頂きました!)

形的には余り物を拾った格好ですが、劇中の来夏はかなりのお調子キャラで
1話を見て一発で好きになり、以降ノリノリで制作してました!(*´∀`*)
今回のポーズは某ヘッドフォン同人誌の女の子のポーズを参考にさせて貰って
まして、本来はヘッドフォンのコードを空中に浮かせて脈動感を演出する予定でしたが、
ちょっと時間なくて諦めたので機会があれば・・・。

さて、スケールフィギュアは初挑戦。やってみると予想以上に難しい!
まず素体を作るにあたって人体の構造をある程度把握しないといけないし、
今回モチーフになる絵がなかったこともあり、バランスの調整に苦労しました。

でもまあ、今回目標だったフィギュアとして完成させるというテーマはクリア
できたと思ってるので良しとします。
富山ねんど会をはじめ、多くのフィギュア原型師さんにアドバイスを頂き、
なんとか形になりました。改めてありがとうございました。

DSC01715.jpgDSC01716.jpg
DSC01717.jpgDSC01718.jpg

1~2年か前から感じていたのですが、「メカのみ作れる」ということが
造形人生に対してプラスになるのか疑問に思っていたところがありました。
一つの道をを突き詰めることも良いですが、もっと違うジャンルに挑戦して
引き出しの中身を増やしておくのも今後の造形シーンを考えると必要と感じています。

目指すはメカとフィギュアの自在派です。

好きなものを作りたい時に作れるようになりたい。

コメント

非公開コメント