2014/08/05

ダブルアールメカニクス Vol.5

77503666.jpg

先週発売となりましたモデルアート社のダブルアールメカニクス誌で
MGガンダムver3.0とHGUCガンダムの胸像の作例を担当しました。

見本誌頂いてビックリの表紙モデル(どうなるかは未定でした)で
一つ夢が叶ってしまったな~というのと同時に表紙は本の売り上げを
左右するよね・・・とプレッシャーが(汗)
幸い売り上げの方は好調のようで一安心しました。

作例の方は紙面の方で確認していただきたいのですが、プロポーションの
改修に関して打ち合わせした以外は自由にやらせてもらいました。

でも自由というのが一番難しく、悩んだのはテーマの確立でした。
どうしても最新のMGはそのコンセプトに引っ張られがちになるので逆に
不自由さを感じてしまうんですよね~。
ただ今回はキットがお台場ガンダムと同じディテールでしたので、唯一の
1/1モデルを生かさない手はないよね、ということで紙面の内容になっています。

今回の作例は私なりのリアリティに対する回答です。
ただ実機の要素をひたすら転用するのではなく、普段仕事で扱っている専門知識や
実際に見たことを作品に反映しているので模型的にはあっさりしたものになって
いますが、そういった点を楽しんで頂けると嬉しいです。

コメント

非公開コメント