2005/04/30

離型剤の話~○○は使っちゃいけない!~

今現在、シリコン型の離型剤はフッ素系とシリコーン系の2種に分類され、
その中のもっともポピュラーなのが下の写真の銘柄でしょうか。値段も
それなりに違いますが、大量生産用のシリコン型に合った離型剤
はどっちか?というと、それはフッ素系の銘柄なんだそうです。
(フッ素系が写真左、シリコーン系が写真右)
IMG_2564.jpg

ではなぜシリコーン系の離型剤は駄目なのか?それは元々の用途
が工業用の金型用離型剤であるというところです。スプレー本体
の用途にもしっかりと書かれてます。用途が違うので本来の性能
が発揮できないのがまず一つ。
そもそも離型剤自体は型から成型品が抜きにくくなりだしてから
使用します、最初はシリコン型自体が持ってる油分で十分に抜け
ますが成型するに従って油分がなくなり、それを補うために離型剤を
散布するわけです。実はこの金型用のシリコーン用離型剤には
高圧の金型成型からプラスチックを抜きやすくする添加剤が含まれて
おり、その添加剤がシリコン型に元々存在する油分を奪い取ってしまう
そうです。(この話はこの手に詳しい方からお聞きしました)
型内にシリコンの膜を形成してエッジがだるくなる&油分まで
抜かれてはたまらないっていうのが一つ。

実際に両方の製品を使い比べてみるとシリコーン系のときの不満
点がほとんど解消できるほどフッ素系は使い勝手がいいです。
シリコーン系の離型剤を一本使い切ってから乗り換えたせいか
妙に実感してます。

コメント

非公開コメント