2005/01/22

実験:シリコンの硬化速度

キッカケは夏のキャラホビで会場まで行く途中にPLAMOLOVE
九印さんから教えて頂いたこと。

「湿気の多いところでシリコンを硬化させると早く固まる」

まさに初耳。全然知りませんでした・・。
ということで今がいい機会なので実験してみました。自宅の風呂場
に2cmほどお湯(50℃)を溜めて、こまめにお湯を入れ替え
させながら硬化する時間を計ってみます。比較対象ということで
ビーカーに余ったシリコンをすくい上げてブロックの中に投入。
これを普段の部屋に置きます。

2時間後、棒で風呂場の方のシリコンを突っついてみると見事に
硬化!部屋で硬化させていたシリコンと比べてみたのがこれ。
20050123014643.jpg

差は一目瞭然で風呂場のは硬化剤が乗るほどしっかり硬化して
いるのに対し、室内の方はまだまだ硬化していません。経験上、
室内でのシリコンの硬化はどんなに早くても4時間は掛かります。

結果、通常の半分の硬化時間でシリコンが固まったということで
実験は大成功。湿度や硬化剤の量を調整するともっと早く硬化
するかもしれないですね。


通常、原型の型取りに使われるシリコンは「湿気硬化型シリコン
ゴム」と言われる種類のもので2液混合の付加型というものです。
収縮率が小さく、寸法安定性に優れているため原型の生産には
打ってつけというわけです。調べたところシリコンの硬化を促進
するのは湿気だけではなく、室温(=湿気?)も関係してくるらしいです。

・型取り用液状シリコーンゴム
http://www.getos.co.jp/jp/overview/technical/mm.html


コメント

非公開コメント