2005/01/28

ノンキシレンレジンの使用感

今日は夏のときから使用しているレジンについて。このタイプの
レジンは有害物質のキシレンが入ってない(代替した)レジンと
いうことでノンキシレンといいます。もっとも有名で入手し易い
のは、ビージェイから販売されているタイプでしょうか。
カラーもアイボリーや珍しいサフグレー(サフの色のまんま)
などが揃っています。

同社のキシレンレジン(アイボリー)と今回のノンキシレン
(サフグレー)を比較してですが、流れやすさはノンキシレン
の方が若干いいと思いますが、硬化した後の硬度はキシレン版
よりも柔らかいです。必然的に粘度も若干高くなっていますが、
600番の紙ヤスリで十分面だしが出来るので、ナイフなどでの
加工がしやすいと考えれば、これはいい方向なのかも。あと、

20050129002205.jpg


恐らくサフグレー独特の症状(?)だと思っているんですが、
写真のようにレジンの色が斑模様になってる成型品が結構な
確立で出来ます。恐らくA液が若干多くてこういうことが起きる
のではないかと思っているんですが、理由を知ってる方が
いましたら是非教えていただきたいところ。
成型の仕方上、品質上、加工上なんら問題はないんですが、
視覚的に不良品つかまされたような感覚になっちゃいます
よね~、これ。というわけで、今回の製品にはそういうの極力
入れないようにしてます。

個人的な最大の不満は8キロセット以下のバリエーションが
ほとんど販売されていないこと。いくらメカのガレキだからって
一回に8キロも使うわけないもんねえ・・。頻繁に参加するなら
まだ分からないでもないんだけど・・。

という感じでtomo-3さん、購入の参考になりましたでしょうか^^;
僕もまだ経験浅いので正確に伝わっているか不安ですが、雰囲気
が伝わればいいな~と思います(汗)

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます