2017/05/29

香港に行ってマカオに魅了されてきた話

3月末に仙怠さんと思いつきで香港&マカオに行ってきたので再来のために
覚え書きしときたいと思います。行ってみたい方の参考になれば幸いですー。
DSC_0659_201707232227208c6.jpg
今回は2泊3日の弾丸旅行なので、仕事終わりで東京に直行、羽田からの
深夜便で香港入りしました。
以前タイに深夜便で行った時にも思ったんですが、翌日に疲れ出ますね。
出来れば海外旅行は初日余裕もって行きたいところです。

今回はトートバック1つで海外旅行に行ったのもトピックスの一つ。
森野帆布の使い勝手最高。最低限の着替えとミラーレス一眼&レンズ群
タブレット、その他生活用品を詰め込んでも余裕の容量と収納性。
ホテルまでの機動性が損なわれなかったのは凄く良かったですね。
DSC_0107.jpg
早朝、香港国際空港に到着。早速当座の軍資金を両替。
香港はクレジットカードで大抵OKなのでこの両替で期間中ほぼ凌げましたね。
エアポートエクスプレスチケット込みのオクトパス(というSuicaみたいなカード)
を入手するために右往左往した以外は香港駅まで特に問題なく。
朝一は窓口締まってる点も早朝の不利ですかね。

初日はマカオに向かうので、その前にちょっと町中散策。
マカオ行きのフェリー乗り場からマカオへ。

■マカオ編■
DSC_0261.jpg
マカオと言えばF3のマカオGPですよ!写真はコントロールタワーとホームストレート。
レースの時に観客席となるスタンドも通常は市民のランニングコースに利用されており
ピット側は各ホテル行きのバスターミナルに活用されています。
どこかのオリンピックにも見習ってほしいですねw

DSC08526.jpg
グランプリ博物館はなんと無料!展示量も多くて見応えも十分ありますよ!
シューミ、クルサード、琢磨のF3マシンは展示エリアが大きかったです。
DSC08542.jpg
ちょっとタクシー移動したところにセナド広場。
DSC08732.jpg
ポルトガル統治時代の建物が並んでます。
ポルトガル料理店もたくさんあるので食べ歩くのもいいかも。
個人的には肉料理がおススメですかね。タコライスも旨かったけど
見た目が余り良くないですね^^;
DSC08586.jpg
そんなマカオですが、ちょっと奥へ行くと中国らしい建物が。
このごった煮感がマカオらしさですね~。
DSC08603.jpg
通りをまっすぐ進むと聖ポール天主堂跡に到着。
おなじみの観光ポイントなので凄い人!
日本以外のアジア圏の人は自撮り熱が半端ないですね・・・。
DSC08621.jpg
建設当時に日本人も関わってるとのこと。
内部は火事で無くなっており、公園になっていました。
この日は昼と夜の2回訪れましたが、夜のライトアップも綺麗でした。
DSC08740.jpg
マカオの定番観光地、特にマカオ半島側は寺院・教会巡りが
メインとなるんですが、中でも聖ヨセフ修道院の聖堂にはザビエルの
上腕の遺骨が納められているので英霊を召喚したい魔法使いは
行っておかねばなりません(笑)

日程に余裕がある方はマカオタワーに登ってのスカイウォークもいいと思いますね。
僕は行けなかったので次回リベンジしたいところです。。
DSC08769.jpg
時間軸は前後しますが、マカオ半島で有名なカジノスポットとして
グランド・リスボアがあります。マカオGPで有名なあのリスボアですね。
デザインといい、イルミネーションといい、ラスボス感が半端ない。。
DSC08801.jpg
リスボア内部。どこかの宮殿か何かですかねココは・・・。

DSC_0358.jpg
DSC_0356.jpg
DSC08856.jpg
所変わってタイパ島側にやってきました。マカオは大きく分けて
マカオ半島とタイパ島の二つで構成されています。
タイパ島は高級ホテル街という印象で、巨大なホテルが多く建設されており、
ベネチアン・マカオやコンラッド、シェラトン、ハイアットと言った有名処が集結。
この辺りはマカオというよりは各国の雰囲気を意図的に作り出してる
万博的なテーママーク感があって面白い地域です。
特にパリジャン・マカオの縮小版エッフェル塔は展望室まであって無駄に
気合入ってましたよ(笑)
DSC_0328.jpg
DSC08941.jpg
DSC08901.jpg
ベネチアン・マカオの内部。
宮殿のような作りに驚いてしまいます。
田舎者の僕は完全におのぼりさん状態でしたね~。

夕方に着いて中に入ったのに、写真の疑似晴天(これ演出なんですよ)を見て
一緒に行ってた仙怠さんに「晴れて良かったですね!」なんて言っちゃうくらい
テンパっておりました私。
DSC08878.jpg
パリジャンのタクシー乗り場もいちいちカッコよくて写真撮ってしまいます。
DSC08752.jpg
今回の宿ですが、コンラッド・マカオにしました。
タイミングが良く空きがあったので追加料金なしでスイートに爆上げされてました。
寝室が別なんて温泉宿くらいしか経験がありませんw
DSC08755.jpg
DSC08754.jpg
DSC08748.jpg
DSC08749.jpg
こんな高級ホテルが並んでるマカオですが。実はホテル代が比較的安いんです。
1部屋単位の価格が決まっているので、1泊30000円の部屋も
2人で泊まれば15000円になります。
(その後、香港でもコンラッドに宿泊したんですが、面積が1/3で価格は2.5倍でした。。)

部屋のアップグレードに関してはグループのゴールドメンバーになって
居ないと出来ないようですが、それ以外にもラウンジ利用の特典が付くので
有料メンバーになっておくか、海外では積極的に1つの系列に泊まるように
心がけて実績を積むと良いようです。
世の中えこひいきされてなんぼですね。また一つ賢くなりました٩( ᐛ )و

DSC08929.jpg
ホテルを散策してるとカジノがあるじゃないですか。
きっとビギナーズラックで一発目は儲かるに違いありません。
もしかしたら旅費もここで回収できるかも・・・・!
そんな野心を持ちながら2万円ほど換金して大小のテーブルに着きました。
ミニマムベットは・・・・・300HKD(香港ドル)!
約4500円/回とはパチン○スでも逃げ出すような価格ですね。
他のゲームはいまいちルールがわからんのでとりあえず大小にチャレンジです。
ここからは記憶が曖昧なんですが、大と小の1/2の確率も連続で外すわけですよww
隣の仙怠さんは買ったり負けたりなので圧倒的にギャンブル運がないようです。
ギャンブル運がない人はカジノしちゃだめですね。また一つ賢くなりました٩( ᐛ )و

■香港編■
翌日タイパフェリーターミナルから香港へ向けて出発。
やっぱりマカオを堪能するのは1日は足りな過ぎましたね。

香港に到着したらホテルに荷物置いて観光開始!
まずはMRTに乗って内陸部に行きます。
油麻地駅で降りて男人街へ。
ここは模型店がたくさんあるらしいので海外の模型事情を見てきました。
DSC_0464.jpg
基本的にはラジコンやエアガンが主体のようですが、ミニ四駆専門店があったり
ガンプラが日本とそんなに変わらない価格で買えることに驚きました。
半面、マテリアル系の入手はちょっと厳しいですね。
所謂海賊版のガレキなどを制作代行してる店もあったんですが、材料が無いなりに
彼らは彼らで色々と模索している様が見て取れました。
やっぱり日本って恵まれてるなあ。
DSC08958.jpg
これこれ!香港と言えばこの看板ですよね!
DSC09008.jpg
行きはMRTで地下移動でしたが、帰りはフェリーで香港島に帰ってきました。
夜景が綺麗ですね。平日はもっと凄いとか。
DSC_0598.jpg
夕食はガチョウローストを食べに。
めちゃくちゃ美味かったんですが、だいぶ胃腸が油にやられてきてます(笑)

DSC09172.jpg
DSC09136.jpg
翌日はビクトリアピークからの風景を見に来ました。
実は前日にも一度行ったんですが、風が強くて夜景が全く撮れておらず・・・。。
観光地で有名なビクトリアピークですが、町中からすぐに行ける範囲に
ロープウェイの駅があります。
香港市内は本当に狭いので海岸線を歩けば大抵の場所に行けると思います。
ただ、町中は道路が螺旋状に貼り廻られているので目の前の建物に歩けど
たどり着かないという状況が発生します。
マカオもなんですが、香港のタクシーは初乗りが300円程度なのでガンガン
利用するのをオススメします。町中は暑いですし、余計に体力奪われますからね。

帰りの香港国際空港へは地下鉄(MTR)を利用。
交通プリペイドカードのオクトパス(内のAirport Express Travel Pass)を購入しておくと、
エアポートアクスプレス区間の往復分とその他MTRが3日間乗り放題なので便利でした。
ただ、300香港ドル(4500円くらい)するので香港内をMTRで乗りまくる予定がない人は
普通のオクトパスを購入して金額チャージしていくのがいいでしょう。
--------------------------------------------------------------------
ここからは余談なんですが、
香港に行ったなら現地で発刊されてる機動世界って模型誌が
欲しいと密かに思っていたんです。
初日にボロい露店(向こうではスタンドって言って、キヨスクの個人商店版
みたいな存在で、雑誌やら生活雑貨やらが購入出来ます。)で販売しているのを
確認してたんですが、汚いトコよりもちゃんとした本屋で買おうとスルーしました。

翌日書店に行くと雑誌類は置いてなくて、ネットで調べてみるとスタンドで
買うのが一般的だと知ったわけです。

で、

日曜(最終日)はスタンドほとんど休みかよー!

とバタバタ探し回ってしまったという・・・。
(結果的に買えたけど、期待を大きく裏切る内容でした。。。)
-------------------------------------------------------------------
というわけで締めです。
初めての香港・マカオ旅行ですが、特に印象に残ったのはマカオでしたね。
あの街並みと歴史観はもう数日居ても飽きることがないと思います。
エッグタルトも美味しかったですしねw
香港は近代化され過ぎているのでラフに楽しむにはとても良いところだと
思います。ガツガツに観光気分で行くと疲れます。

■旅行費用
・航空券・・・・・往復6~12万円
・ホテル代・・・・・5万円(2泊3日)
・香港-マカオ間フェリー・・・・・往復6000円程度
2016/11/01

WEC富士観戦!

例年この時期はF1に観戦しに行ってるんですが、今年はポルシェチームの
某スポンサーさんから招待を頂いたので初WEC観戦に行ってきました!
DSC_3397.jpg
朝5時半に西ゲート到着。気温3度だと・・・。

実は富士スピードウエイは2回目。初回は2008年のF1でした。
前年がある意味伝説だったので拍子抜けの晴れ開催だったのを覚えてます。
今回も期間通して快晴だったので雨のFSWを知らないのです。。
DSC07302.jpg
秋の富士山もまた綺麗ですね。特に朝日の時間帯は赤く染まるので翌日も
早起きして眺めてました。

ん?早起き?そうなんですよ。
今回はサーキットにテントを持ち込んでキャンプしてきました!
DSC_3423.jpg
FSWはこういったレース期間は終日オープンしてるらしく、キャンプも
サーキット内ならどこでも基本的にOKとのこと。慣れてる方々は
最終セクションの外側を陣取ってましたね~。僕はよくわからないので
パドック側の駐車場に車を停めて、その近くの観戦エリアにテントを張りました。
位置的には最終セクションの内側になるのかな?後ろを振り向けば
ホームストレート沿いなので個人的には最高!
DSC_3426.jpg
写真撮るにも良かったですね~。金網に邪魔されない撮影スポットが
沢山あるのはFSWの良い所ですね。

とまあ、日中は20度近くまで気温が上がって夏のような過ごし方してたんですが、
夜になると一変。3度くらいまで気温が下がるので結構性能の良いシュラフを
持ってきていたんですが、ギリギリ過ごせた感じでした。
もう少し地面からの冷えを抑える対策が必要ですね。エアマットだけでは
ちょっと役不足でした。。。あーこれは雨降ったら無いな。絶対無理(笑)

DSC_3511.jpg
今回はルマンスピリットクラブにてご飯を食べてました。
もうちょっと軽食チックじゃなければ腹持ちも良いんですが贅沢な話ですね^^;
DSC07086.jpg
後にも似たような話書きますが、やたら人が多いのと場所取りがあからさまなので
座りたい席が終日空かなかったのはなんだかな。。
DSC07138.jpg
イベント広場で一番嬉しかったのはTS050の実車に体験試乗出来たことでした!
モックアップではなくて、実際のレーシングカーに座るのは初めて。
バッテリーと相席なのが事故ったら結構危なそうな(笑)
中は割と空間があるので自由度はそれなりにありましたね。
実際に乗っていい場所や壊れやすい場所があったり、意図して
作ってある現物らしさを体感出来るのはとても良い経験でした。

WEC富士に初参加して残念だったこと

①パドックエリアに人多すぎ&サイン攻めの嵐
パドックエリアへのチケットが安いのでピットとホスピタリティビルの間にかなり
の人が居て移動するドライバーが常にサイン攻めにあっていた光景が。。
日本人を含めたLMP1ドライバーはかなり迷惑そうだったのであそこまで
してサインが欲しいものかなと。しかも人気は元F1ドライバーばかり。
日本人ファンは熱狂的と言われますが、実際のところミーハーなだけであって
ドライバー全員をリスペクトしてる人は少ないと思います。
ウェバーがそこに居たとして、アロンソが出てきたら殆どがそっち行きますよね。
つまりはそういうことです。

②ピットレーンウオークの時間がオートグラブセッションと被ってる
DSC07317_20170310005445676.jpg
僕はWECの車両が見たいのでピットレーンウオークの時間の度に
サインセッションを行うのはホントに止めてほしい。
これはWECの運営が悪いんですが、サインが欲しい人が速攻で
列形成するので全然見れない。時間も完全に被ってるので人が空くのを
待つこともできない。これはかなりガックリきましたね~。
しかもLMP2以下のチームは閑古鳥なわけでドライバーも可哀そうだし、
時間内に欲しいサインが全部手に入るわけでもないし、1イベント1回くらいで
いいと思うんですよ。。

③グリッドウオークも人多すぎ!
DSC07376.jpg
どんだけパス配ってるねん!っていうくらいのグリッドウオーク参加者。
時間も短いし、やたら人も多いのでじっくり見れず。これもかなりガッカリしました。

DSC07458.jpg

DSC07443.jpg
↑グリッドウオークの終わり際。これくらいの入場数に規制して。。

同じ世界選手権でもF1とWECでは関係者エリアへの考え方がかなり違うことを
今回知りました。でもWECのやり方だとプレミア感が全くなくてスポンサーツール
として勿体ないと思うんです。
ドライバーと一般のファンは気軽に交流すべきではないと僕は考えます。滅多に
会えない環境であればWEC内のGTドライバーでもファンからリスペクトされるんです。
(F1の下位チームドライバーやエンジニア等が良い例)
パドックエリアも一般では入れないところだからこそ、入った際の感動があるわけで
一生入れないとしても僕はF1の考え方の方が断然好みですね。

決勝レース

DSC07055.jpg

DSC_3545.jpg

DSC07592.jpg

DSC07931.jpg

DSC08080.jpg

DSC08027.jpg

DSC08029.jpg
レースはまさかのトヨタ逆転勝利!
ピット回数を減らすことで逆転できるとは思いませんでした。
ルマンの悔しさを少しは晴らせたのではないかと(^^
実は2回前のピットで勝負決したと思って屋上のテラスで写真
撮ってたのでギリギリまでこうなっていることを知りませんでした(笑)

DSC_3575_20170311203932961.jpg
決勝後のパドックは大盛り上がりでしたね~!
レース前は機嫌があまり良くなかった小林可夢偉選手この時ばかりはこの笑顔!
お願いしたら快く2ショット写真を撮らせて貰えたので嬉しかったですw

色々思うところもあるWECですが、次来る時はテント設置して友人とBBQしながら
ビール飲むルマンスタイルで観戦したいですね!